ブログ記事で検索上位になる為に知っておくべき事

ブログ

こんにちわ!みちひろです^^

この記事を見ている皆さんは少なくともブログを始めた方もしくはこれから始める方だと思います。

これからする話はブログで収益を得ると考えているのなら絶対知っておくべき本質です^^

では検索上位になる為に知っておくべき事とは?結論から言えば「ユーザーファースト」だということです。

これを聞いて「あーそういうことか」とわかった方はもうこのページを閉じてしまっていいと思います笑

「なんとなくわかるけど、どゆこと?」という方はこれから一緒に勉強しましょう^^

スポンサーリンク

ブログ記事で検索上位になる為に知っておくべき事

普段僕たちが何か知りたいことを調べるときに利用している検索窓口はほぼ「Google」か「Yahoo」ですね。実際この2社で検索の8割から9割ぐらいシェアを占めています。

「Yahoo」は「Google」の検索エンジン(検索方法)を利用しているので実質Googleがほぼシェアを占めているという事になります。

そして、Googleの「理念」や検索エンジンに乗っ取って僕たちの記事は順位づけされます。

だから「Google」がどういった「理念」で順位付けするのか知っておく必要がありますね^^

ところで僕たちブロガーやアフィリエイターは当然記事の広告によって収益を得ています。

では「Google」はどうやって収益を得ているのでしょう?

そう、同じく広告による収益です^^

広告というのは人が集まれば集まるところほど価値が上がるものです。

例えば最近太ってきたから悩みを解決する為に「ダイエット」と検索した時に。全く関係のない記事が上位にきたり、よくわからない広告ばかりが上位にくるようになると、悩みが全然解決されないのでGoogleでの利用者が減り、広告の価値も下がり。Googleの利益も下がります。

だからGoogleは「ユーザーの悩みを解決する良質な記事を瞬時に出す」ことが利用者を増やすことに繋がります。それが「ユーザーファースト」ということです。

Googleは自社の理念を【Googleが掲げる10の事実】という形で公表しています。

これこそが検索上位になる為に知っておくべきGoogleの会社理念です^^

では次から実際に内容をかいつまんで説明していきます^^

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

ブログなどを始めると「give」という言葉をよく耳にするようになりますね。

Googleも一番はじめにそのことを伝えています。

実際Googleの検索窓口はすごくシンプルです


広告など一切ありませんし、例え初めてGoogleのこのページに訪れた人がいても「検索をする」ということに迷うことはないはずです。

読者が悩みを解決できる良質な記事こそGoogleが求めている記事だということです。

これこそGoogleが僕たちに伝えている一番大事な部分です。

1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

Googleは「検索問題」を解決することだけに焦点を置いています。

だから「検索分野」で培った情報をGoogleマップとかでも応用してユーザーが色んな場面で情報にアクセスできるように努力し、改善していくよーってことですね^^

遅いより速いほうがいい。

Googleはユーザーが検索を押した瞬間から検索結果が表示されるまでの時間をできるだけ短くするように日々努力していて、検索結果の平均応答時間は1秒足らずと言っています。実際とても早いですよね^^

そこから僕たちブロガーが気をつけるポイントは「画像等の重たいデータのせいで全然ページが表示されないといった記事はダメ」ということです^^

ウェブ上の民主主義は機能する。

これはSEO対策で言われる「被リンク」という部分を重要視しているよということです。

被リンクというのは、例えば僕が今他の記事やサイトをここで紹介してそのページのURLを貼る(リンクする)と貼ってもらったサイトは「被リンク」をもらったということです。

その記事(サイト)が良質だと思ってリンクがついていたら、その記事はみんなに評価されている記事だと判断して検索結果に反映させるよ(検索上位にする材料にするよ)ということ。

昔はこの「被リンク」の売買が流行ったらしく実際とても効果があったようですが、今はGoogleのアップデートによりそのような手段ではあまり効果がなくなったとのことです。

ですが「被リンク」自体のSEO対策は今でも重要であることは変わらないですね^^

情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

今はもうスマホが普及してsiriなどの音声での検索もだいぶ普及してきました。

これを深読みすると例えばこの記事を読んでる読者さんは今パソコンで見たり、はたまたスマホで移動中などで見たりしてくれています。

だから記事(サイト)を作る上でパソコンだけじゃなくスマホでも適正に表示されるページが良いよってことです^^

最近は少なくなってきましたが、パソコンでは綺麗に見えても、スマホで開くとパソコンでの表示がそのままスマホで表示されてぐちゃぐちゃなページで読みづらいというサイトもありました。

そういった記事(サイト)はユーザーにとって良くないよねっていうことです^^

悪事を働かなくてもお金は稼げる。

Googleが収益を出す為にユーザーにとって広告とわかりづらかったり、検索する上で邪魔になるような広告(画面にでっかく表示されるポップアップ広告等)は検索結果ページには掲載しないということです。

そしてGoogleは広告についてはっきりと結論を出しています、それは

Google は、閲覧しているユーザーに関連性のあるテキスト広告のほうが、ランダムに掲載される広告よりずっとクリック率が高いことに着目しました。

引用元;Googleが掲げる10の事実

だから検索結果の広告もテキストだけなんですね^^

この情報を「ふーん」と流し読みしてしまうか、何かに使えると取らえるかが大事かなと思います^^

世の中にはまだまだ情報があふれている。

日々増え続けている情報を検索するユーザーに適切に届けられるように開発を進めていくよーってことです^^

以上笑

情報のニーズはすべての国境を越える。

Googleは全世界のニーズに答えるべく130以上もの言語で検索できるしGoogle翻訳を利用すれば知らない言語のページも読めてしまいます。

そうやってGoogleは世界中の色んな言語の情報を探せるように提供しているよーってことです^^

スーツがなくても真剣に仕事はできる。

この記事を書いている2020年3月はコロナ騒動で企業の働き方についてリモートワークという言葉が定着しつつありますが、Googleはすでに昔から会社に出勤して仕事することがベストではないと結論づけています。一部抜粋すると

Google の社員たちはさまざまなバックグラウンドを持ち、エネルギーと情熱をほとばしらせながら、仕事、遊び、人生に独創的にアプローチしています。打ち解けた雰囲気の中、カフェ、チーム ミーティング、ジムなどで生まれた新しいアイデアは、またたく間に意見交換が進み、試行錯誤を経て、すぐに形になります。こうしたアイデアが、世界展開を視野に入れた新しいプロジェクトの出発点になることもあるかもしれません。

引用元:Googleが掲げる10の事実

会社体制が嫌で僕はフリーランスになりますが、このページを読んで

あーGoogleで働きたいって思いました笑

「すばらしい」では足りない。

正しいスペルの単語を入力したときに正常に検索されるのを見たあるエンジニアは、スペルが間違っているときの処理方法について改善の余地を見出し、直感的で役に立つスペル チェッカーを開発しました。

引用元:Googleが掲げる10の事実

確かにGoogleで検索するときに誤字、脱字のまま検索しても正しい検索文字で検索してくれています^^

それか「もしかして〜」という風に正しいと思う文字を提案してくれます。

普段何気なく利用していますが、本当はこれってものすごい技術だしサービスとして素晴らしい、だって誤字脱字しているのは僕たちなんだから。Googleはわざわざそこを拾う必要ありませんよね^^

そこを「ユーザーファースト」で考え、改善して。そして僕たちが何気無く普通に利用しているということもGoogleはわかっている。だから素晴らしいでは足りないと最後にしめているんですね^^

スポンサーリンク

【まとめ】ブログ記事で検索上位になる為に知っておくべき事

これらのGoogle理念から考えて

  1. ユーザーにとって求めている記事(サイト)であること(キーワード選定)
  2. 素早くアクセスできること(ページが重たくない)
  3. みんなに認められる記事であること(被リンク)

この3点重要だよねってGoogleは伝えてくれています。だからブログ記事で検索上位になる為には欠かせない要素ということですね。

とはいえSEO対策も大事ですがGoogleも一番重要視している

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

これこそが基本であり本質なので忘れないようにしたいものです^^

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

Twitterでも僕がブログを始めて得た知識などをつぶやいてますのでよかったら下のボタンからフォローお願いします^^

タイトルとURLをコピーしました